薄毛の知識

薄毛の知識のページを説明

スポンサード リンク
最新の記事

薄毛と喫煙の関係について



育毛シャンプー/育毛剤 | 育毛.net


一般に喫煙は体に害があるものという認識はありますが、毛髪にはどのような影響を及ぼすのでしょうか。


タバコに含まれているニコチンは、血管を収縮する作用があります。

このため、喫煙により血液の循環が悪くなり、頭皮に送られる栄養量が減ってしまいます。

更にニコチンはビタミンCを破壊します。

そのため、ストレス解消のつもりのタバコが、かえってストレスを起こす原因となり、頭皮の弾力が失われてしまいます。

頭皮の状態が悪くなると、髪の成長が阻害されてしまいます。

また、血管の収縮により、肌荒れやしみ、そばかすの原因にもなってしまいます。


平成18年度厚生労働省研究班の研究によれば、40歳時点での喫煙者は男性で約5年、女性は約4年、吸っていない人と比べて余命が短いのです。

また、喫煙は単独でがんの原因の30%を占めます。

タバコの煙には、ニコチンだけでなく、発がん物質や発がん促進物質、その他有害物質が多種類含まれています。

低ニコチン・低タールのタバコの喫煙はある程度健康への影響を軽減できるものの、吸わない人に比べれば高リスクであることに変わりはありません。

また喫煙は、歯周病の原因にもなります。

このように、喫煙が健康に及ぼす影響は、良くないことがはっきりしています。


タバコの本数を減らしたり、禁煙をして、体の健康を取り戻し、育毛シャンプーで頭皮と髪の健康を取り戻しましょう。

禁煙には体重増加がつきものですが、それ以上に禁煙の健康への効果は大きく、禁煙に成功したら次に体重のコントロールをしてください。

そして、健康や頭皮や髪を保つよう、育毛シャンプーなどで正しいヘアケアを心がけましょう。



■関連サイト
奇跡の発毛マニュアル2008

薄毛の原因

育毛シャンプー/育毛剤 | 育毛.net


どうして薄毛になってしまうのでしょうか?


今回は、薄毛の原因について、少し見ていきたいと思います。

薄毛の原因としては、様々な原因が考えられます。


<遺伝的要因>

髪を作る細胞には、親からの遺伝子情報が含まれます。
ですので、遺伝的要因というのを否定することはできません。

しかし、必ずしも遺伝するわけではありませんし、遺伝が解明されている訳ではありません。

親や親戚が薄毛の場合でも、しっかりと育毛シャンプーなどで頭皮を保護することで、薄毛を防ぐことができるのです。


<男性ホルモン>

男性ホルモンは、ヒゲなどの体毛を促進する働きがありますが、毛根の毛母細胞に対しては発毛を阻害する働きがあります。

ただ、なぜ男性ホルモンが髪の発毛を阻害するのかについては、解明されていません。


<ストレス>

あらゆる病気の原因ともなるストレスは、薄毛の原因にもつながります。

ストレスによって、自律神経に影響が出て、血流が悪くなり、それが薄毛を促進してしまいます。


<生活習慣>

体の健康と同様で、バランスの良い食事をとることや、睡眠時間をしっかり確保することは、髪にとっても、良いことです。

また、喫煙は血流を悪くするため、薄毛の原因となってしまいます。
髪にも健康が必要です。

また、頭皮が蒸れやすい帽子やヘルメットなども、頭皮が炎症を起こし、薄毛の原因となってしまう可能性があるので気をつけるようにしましょう。

そして、育毛シャンプーなどで、頭皮をいたわるように洗うことが大切です。

体を大切にするのと同じように、頭皮も大切にしなければなりません。

そのためには、自分に合う育毛シャンプーを使用するようにし、髪の健康を保つように心がけましょう。



奇跡の発毛マニュアル2008

 
スポンサード リンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。