育毛 その他

育毛 その他のページを説明

スポンサード リンク
最新の記事

育毛クリニックについて


育毛シャンプー/育毛剤 | 育毛.net


今回は、テレビCMなどでもおなじみの育毛クリニックについて、どのような会社がおこなっているのかを書いていきたいと思います。


■プロピア

プロピア独自の特許商品「ヘアコンタクト」は、カツラや増毛商品とは違って、特殊な吸着剤で透湿性皮膜を地肌に密着させ、そこに人口毛を植毛するという方法です。

また、育毛ではg・d・s育毛システムを用い、血行を促進し、加圧によって育毛エキスを毛乳頭まで浸透させます。

育毛シャンプーの「プログノ126シャンプー」なども販売してます。


■リーブ

発毛を専門に行っており、独自の技術で髪を元気にします。

和漢植物エキスを配合したシャンプーを用いて、頭皮を健やかにし、発毛環境を整えます。

微弱電流を用いて、頭皮に塗布したリーブトニックABをイオン化して頭皮への浸透力を高めます。

微量のオゾンが男性型脱毛に働きかけて頭皮の環境を整えます。


■アデランス

相談・育毛・増毛のサービスを行っています。

無料のサービスには、電話相談の他にも、郵送した毛髪と毛根のチェックや、プロのカウンセラーによる頭皮と髪の相談があります。

育毛サービスでは、髪のダメージを修復するフィジカルエステや、発毛メカニズムの復活を目指すプロアクト、自宅でカウンセラーが定期的に頭皮と髪のチェックをするホームコースなどがあります。

増毛サービスには、自分の毛にサイバーヘアを結びつけるピンポイントフィックスなど、様々なサービスを提供しています。



薄毛などでお悩みの方は、育毛シャンプーや育毛剤の利用だけでなく、このようなサービスの利用も選択肢にあるということを知っておくと良いと思います。



■関連サイト
奇跡の発毛マニュアル2008

髪のサイクルについて


育毛シャンプー/育毛剤 | 育毛.net


「髪のサイクル」についてはご存知でしょうか?

髪は、成長期〜退行期〜休止期を繰り返して、一定の成長をした後に抜け、抜けた毛穴から2〜3ヵ月後に、新しい髪に生え変わります


<1−成長期>

毛母細胞が分裂を繰り返す時期です。

休止期になくなった毛母細胞が細胞分裂を繰り返して髪となり、表皮へと伸びていきます。
そして、頭皮から出ている毛幹部が太く、そして長くなっていきます。

期間は男性の場合3〜6年、女性の場合は4〜8年です。


<2−退行期>

色素細胞がメラニンの合成を止め、内部の細胞がやせて細くなっていきます。

分裂を繰り返していた母毛細胞の増殖スピードが急速に落ちていきます。

そして、毛球部分が表皮に向かって動き出し、小さくなっていきます。

この期間は2〜3週間くらいです。


<3−休止期>

髪が完全に成長を止めてしまう時期です。

その下では、既に新しい髪が表皮に出る準備をしており、古い髪はいつ抜けてもおかしくない状態です。

ブラッシングやシャンプーをしただけで簡単に抜けてしまう髪は、この時期のものです。

この時期の毛乳頭は毛根部分から離れて、新しい髪の成長の準備をしています。

この休止期が長いと新しい髪がはえてこないことがあります。



髪にはこのようなサイクルがあり、1日約50〜100本ほど抜けます。

問題は、休止期の髪が抜けているかどうかということで、寿命を終えた髪は、毛根がふっくらとしていてマッチ棒のようなのに対し、毛根に丸みがなく、細くパサついている場合には、円形脱毛症などの異常脱毛の可能性があります。

抜け毛全体が細くなっている場合には、男性型脱毛症と言えます。

このような毛は通常よりも早いサイクルで寿命を終え、次の毛の準備ができていない場合が多いのです。


このように、髪が栄養をしっかりと吸収して、成長をするためには、健康な頭皮がとても大切です。

自分に合った育毛シャンプーを選ぶようにしてください。

そして、育毛シャンプーで頭皮をいたわって、髪を大切にしてくださいね。



■関連サイト
奇跡の発毛マニュアル2008
 

毛髪の構造について


育毛シャンプー/育毛剤 | 育毛.net


育毛シャンプーや育毛剤などを使用するにあたって、基本的な毛髪の構造を知っておきましょう。


まず、毛髪は、頭皮から出ている毛幹部と頭皮の表面から埋まっている毛根部に分けられます。

毛根は毛包が主体となっています。

毛包というのは、毛穴より下にあり、毛根部を取り囲んでいる組織のことで、毛髪が育っていく過程の中でとても重要な部分になります。

毛根の下の球状に膨れた部分は、毛球と呼ばれます。

毛球の中には、毛母細胞が詰まっていて、その毛母細胞の中心部に毛乳頭というものがあります。

毛乳頭は、毛細血管から栄養分を受け取ります。

そして、毛母細胞は毛乳頭からその栄養を受け取り、細胞分裂を繰り返し、成長して毛髪となるのです。

それが毛穴から髪の毛として外部へ出てくるのです。


脂線は、毛根の途中につながっています。
そのため毛穴は皮脂の出口にもなっているのです。


髪は、皮脂に守られて、ツヤやハリを保ちます。

しかし、皮脂の分泌が多すぎる場合には、頭皮がベタつくだけでなく、毛穴に詰まって角栓を作り、皮膚炎や湿疹の原因となることもあります。

また、皮脂や汚れで毛根が詰まってしまうと、髪が抜け替わることを忘れて休眠状態になってしまいます。


育毛シャンプーは、この毛穴に詰まった皮脂を取り除き、健康な髪を作れるようにします。

全身から出る皮脂の60%が頭皮から分泌されています。

そして、汗とともに有害なミネラルを排出するデトックス効果も大きいのです。


育毛シャンプーを効果的に使い、頭皮の健康を守ることは体の健康を保つことにもつながります。



■関連サイト
奇跡の発毛マニュアル2008

 

 
スポンサード リンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。