脱毛症

脱毛症のページを説明

スポンサード リンク
最新の記事

女性の脱毛症


育毛シャンプー/育毛剤 | 育毛.net


女性は男性と比べて薄毛や抜け毛が少ないと言われています。

ですが、薄毛に悩む女性は少なくありません。

薄毛の原因はいろいろとありますが、男性と比べて、女性の薄毛は改善の可能性が高いと言われています。


女性の薄毛には、最も多い薄毛のタイプの瀰漫性(びまんせい)脱毛症や、分娩後脱毛症、牽引性(けんいんせい)脱毛症、批糠性(ひこうせい)脱毛症、皮脂の過剰分泌が原因の脂漏性(しろうせい)脱毛症などがあります。

瀰漫性脱毛症は、髪が全体的に薄くなるのが特徴で、女性のみの脱毛症です。

特に髪の分け目のあたりが薄くなってしまい、皮膚が見えるようになります。

30代後半以降の女性に多く見られる脱毛症の症状です。

AGA(男性型脱毛症)とは違って、生え際の後退は見られません。

原因としては、老化、極度のダイエット、ストレス、経口避妊薬(ピル)、過度のヘアケアなどが挙げられます。


分娩後脱毛症は、妊娠後期に女性ホルモンの影響から長く成長期にあった髪が、出産後に女性ホルモンバランスが正常に戻り、一気に髪が休止期に入ってしまうことで、抜け毛が増加する症状を指します。

脱毛は産後2ヶ月〜6ヶ月くらいで、長くても1年以内におさまります。

ただし、産後のストレスが重なる場合や、高齢出産で体力が回復しないような場合には、自然回復が難しい場合があります。


牽引性脱毛症は、ポニーテールや束髪などにより、髪が過度の力で継続して引っ張られることで起こる脱毛症です。

一般的には、髪を引っ張らないような髪型に変えることで症状は収まります。


批糠性脱毛症は、過度の洗髪などによって、皮脂の取りすぎが原因で起こります。

乾燥したフケを伴う脱毛症で、フケが毛穴を塞いで炎症を起こし、髪の成長を妨げてしまいます。


このように、女性の薄毛の場合には、自分に合った育毛シャンプーを選ぶことで、防ぐ事ができる症状が多いです。

育毛シャンプーを正しく使用して、大切な髪を守りましょう。



■関連サイト
奇跡の発毛マニュアル2008
 

トリコチロマニア(脱毛癖)について


育毛シャンプー/育毛剤 | 育毛.net


「トリコチロマニア(脱毛癖)」は、3〜10歳くらいの子どもや、女性に多くみられる脱毛症です。

自覚があるかどうかに関わらず、自分で自分の毛を引き抜いたり、髪の毛を根元で折ったりしてしまいます。

頭髪に限らず、眉毛やまつ毛が抜けている場合もあります。


トリコチロマニアの原因は、欲求不満や精神不安定、心理的・精神的なストレスです。

衝動制御障害や依存症に分類される障害です。

多くの場合は、幼児や小学生にその症状が現れます。

爪を噛む、指を吸う、チックの症状も同時に現れていることもあります。

本人が髪を抜いている自覚のある場合と、まったく気づいていない場合とがあります。


症状は、境界がはっきりした髪の短い部分が、前頭部や側頭部などに現れます。

これは、手の届く範囲、利き手側に現れる場合が多いようです。


また、脱毛部が円形脱毛症のような楕円形になっている場合がありますので、円形脱毛症と間違えることがあるので、注意が必要です。


周囲の人が、自分で毛を抜いていることを指摘すると脱毛が止まる場合があります。

しかし、症状が重い場合には、心療内科、神経科、精神科の受診が必要になります。

治療方法としては、心理カウンセリングや投薬があります。


トリコチロマニアは、頭皮の異常ではないため、育毛シャンプーなどを使っても治るものではありません。

しかし、長期間に渡って髪を抜いていると毛が生えにくくなってしまい、薄毛しか生えてこないこともあるため、早期治療が必要です。

円形脱毛症やトリコチロマニアのように、育毛シャンプーなどでも対処できない脱毛があることを覚えておきましょう。



■関連サイト
奇跡の発毛マニュアル2008

 

脂漏性脱毛症とは


育毛シャンプー/育毛剤 | 育毛.net


「脂漏性脱毛症」とは、頭皮に過剰な皮脂が分泌され、それが原因となって引き起こされる脱毛症のことです。


過剰な皮脂が角質と混ざり合って、硬い角栓様物質を作り、それが毛穴を詰まらせてしまい、毛穴の炎症の原因となり、脱毛が生じます。

この脱毛を繰り返すうちに、髪のサイクルが乱れてきます。
そして、壮年性脱毛症となって脱毛がさらに進行していまうのです。


脂漏性脱毛症の原因としては、男性ホルモン、洗髪しないことによる皮脂過剰や雑菌の繁殖、刺激の強いシャンプー・リンス等の利用やすすぎ不足、血行不良、食生活の偏りなどがあります。


ダイエットによる栄養不足は、毛細血管から毛乳頭が栄養を受けとることができず、髪の栄養不足を引き起こしてしまいます。

間違ったダイエット方法は、体にも髪にも良くありません。


脂漏性脱毛症の対策として、育毛シャンプーでしっかり角栓を揉みだすようにして頭皮を洗いましょう。

そして、ビタミンB2・B6などの皮脂の代謝を促す食品を摂るようにしましょう。

ストレスを溜めないこと、飲酒やタバコを控えることも大切です。

また、甘いものや炭水化物の取りすぎにも気をつけてください。

そして、スポーツなどで汗を流し、新陳代謝の良い体を作るように心がけましょう。

半身浴も体の血行を促します。


このように脂漏性脱毛症は、健康な体作りで予防することができるのです。

バランスの良い食事と適度な運動を心掛け、健康な体と髪を作りましょう。

そして、角栓様物質を作らないためにも、育毛シャンプーで頭皮を清潔に保つことが大切です。



■関連サイト
奇跡の発毛マニュアル2008

 

円形脱毛症


育毛シャンプー/育毛剤 | 育毛.net


円形脱毛症は、突然頭髪が円形や楕円形に抜けてしまい、くっきりと地肌が見える脱毛斑ができる病気です。

男女差や年齢には関係なく、誰でも発症する可能性がある病気です。


アトピー性皮膚炎などのアトピーの素因を持っている人は治りにくいとも言われています。

しかし、性格とは無縁で、一般に言われているほどストレスとは関係がありません。


円形脱毛症は、大きく分けて次の4種類に分けられます。

・1つだけ脱毛斑のできる単発型
・2ヶ所以上になる多発型
・頭全体の毛が抜ける全頭型
・頭髪だけでなく眉毛や体の毛など全身の毛が抜ける汎発型


脱毛が1ヵ所だけで、特に大きくなる様子がないようなら、たいていの場合は6ヶ月ぐらいで自然治癒すると言われています。

多発型、全頭型、汎発型と重症化するに従って治りにくくなります。

また、年齢が低いほど治りにくく、再発を繰り返すケースが増えてきます。


脱毛部に産毛の再生が見られずに、広がっていく場合や数が増えたりしたら、できるだけ早く皮膚科専門医の診察を受けてください。


特に、子どもの場合には、円形脱毛症とは別にトリコチロマニア(脱毛癖)による脱毛も見受けられます。

トリコチロマニアは、精神的不安定が原因で、自分で自分の毛を引き抜いてしまう病気です。

円形脱毛症と間違えられることが少なくありません。

どちらにしても、早期診察と適切な治療が重要ですので、1ヵ所でも脱毛が見られたら早めに診察を受けるようにしてください。


円形脱毛症の場合は病気ですので、育毛シャンプーや民間治療などに頼るのではなく早期受診と根気よく治療することが大切です。


円形脱毛症の原因は自己免疫説というのが有力で、正常でない免疫反応のため、リンパ球の毛球部への攻撃によって脱毛が起こったことが推察される場合があります。

このような場合には、育毛シャンプーなどを使っても治りませんので、早期に病院に行くようにしてください。



■関連サイト
奇跡の発毛マニュアル2008
 

秋の抜け毛について

育毛シャンプー/育毛剤 | 育毛.net


「秋は抜け毛で悩む人が多い」と言われますが、それはどうしてなのでしょうか?


夏というのは、1年を通して発汗が多い季節です。

かいた汗は皮脂に吸収され、水分が蒸発して、皮脂には塩分が残ります。
塩分は固まりやすい性質があるため、夏は皮脂が硬くなりやすいのです。

そして、皮脂の分泌と固まることの繰り返しにより、皮脂が大きな塊となってしまいます。

また、夏の強い紫外線の影響によって、頭皮は痛みやすくなります。

このように、夏に硬くなってしまった皮脂のために、髪に栄養が行き届かなくなってしまい、痛んだ頭皮の影響で、秋は髪が抜けやすくなるのです。


もちろん、すべての人が秋に抜け毛が増えるわけではありません。

秋に髪が抜けやすくなる可能性のある人は、汗をよくかく人、夏に紫外線をよく浴びるような外仕事やレジャーなどをした人、紫外線に弱い人、脂症やフケ症の人などです。


この「秋の抜け毛」を防ぐためには、頭皮を清潔に保つことが重要です。

育毛シャンプーなどで頭皮の清潔を保ち、秋の抜け毛を防ぐようにしましょう。

急な秋の抜け毛がはじまったら、そのまま放っておくと抜け毛の量が増えてしまいますので、そのままにしないで、育毛シャンプーで頭皮を清潔・健康にして、大切な髪を守るようにしましょう。


また、秋になってから抜け毛に悩まないように、夏は帽子をかぶるなどの対策をして、頭皮の日焼けを防ぎましょう。

汗をかいたらシャワーなどを浴びて、すぐに汗をふきとるなどの対策も必要です。

野菜や果物を多く摂ることも大切ですね。


秋の抜け毛は自然に治る人もいますが、そのままヘアケアを怠ると抜け毛が続いてしまう人もいます。

体の健康を保つのと同様に、髪の健康にも注意して、抜け毛を防止してください。



■関連サイト
奇跡の発毛マニュアル2008

 

AGA(男性型脱毛症)

育毛シャンプー/育毛剤 | 育毛.net


最近、テレビのCMや新聞などでもよく見かけるAGA(エー・ジー・エー)とは、「Androgenetic Alopecia=男性型脱毛症」という意味です。

成人男性によく見られる、頭頂部や額の生え際の髪が一方、もしくは両方とも薄くなってしまう状態のことで、その原因は男性ホルモンだと言われています。

抜け毛が進行してしまい、薄毛が目立つようになります。

ただ、AGAでは薄毛が進行しても、うぶ毛は残っており、それは髪の毛が作られる毛包が残っているということになります。

その場合には、髪の毛は太く育つ可能性があります。


AGAの治療薬として、頭皮につける薬では、「塩化カルプロニウム・ミノキシジル」、飲む薬としては、「フィナステリド(商品名プロペシア)」が、その効能・効果を認められています。

フィナステリド錠は、日本では2005年に輸入承認され、発売が開始されました。

ただ、フィナステリド錠は、女性には効能が認められておりませんので、男性のみの服用となります。

また、効果が出始めるまで6ヶ月の服用が目安となります。
医師と相談しての服用が必要です。

保険のきかない薬のため、治療費用全体に健康保険が適用されません。


また、海外から個人輸入する方もいらっしゃいますが、品質や流通経路などの問題があるので、薬は勝手に服用せず、安全のため医師の診察・処方をきちんと受けたほうが良いと思います。


このように、現在では薄毛の治療薬もあります。

しかし、薬だけでなく、自分に合った育毛シャンプーを正しく使い、規則正しい生活や食事を取ることも大切です。

育毛シャンプーを利用することにプラスして、このような治療を受けるのも選択肢の1つでしょう。


■関連サイト
奇跡の発毛マニュアル2008

 
スポンサード リンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。