育毛シャンプー

育毛シャンプーのページを説明

スポンサード リンク
最新の記事

人気の育毛シャンプー


育毛シャンプー/育毛剤 | 育毛.net


育毛シャンプーもいろいろなものがありますが、人気のある育毛シャンプーには、どのようなものがあるのでしょうか?

いくつか紹介したいと思います。


■ヘアメディカル 薬用シャンプースカルプD

ノーマル&ドライ(普通肌・乾燥肌用)とオイリー(脂性肌用)の2種類があります。

抜け毛予防に効果的だと言われる、ケープアロエエキス・ジオウエキス・チョウジエキス・ウコンエキス・ヒオウギエキスなどの成分を配合しています。

頭皮の環境を整えることを考えたシャンプーです。


■プロピア プログノ126シャンプー

抜け毛や薄毛などに悩んでいる人のための頭皮に優しいプロテイン配合のシャンプーです。

ステビア発酵エキス・ナノ化スフィンゴミエリンを新たに配合した、「プログノ126EXシャンプー」もあります。


■柑気楼(かんきろう)薬用モイストシャンプーエクストラ

有効成分であるグリチルリチン酸ジカリウムが配合されていて、毛穴に詰まった皮脂や汚れをしっかり落とします。

髪と頭皮のためのコラーゲン、ヒアルロン酸などの美容成分も配合されたリンスがいらないアミノ酸のシャンプーです。


■花王 サクセス 薬用シャンプー

毛穴に詰まった脂を落とし、育毛剤の浸透を助けるシャンプーです。

ふけやかゆみを防ぎ、頭皮や髪を清潔に保ちます。

シャンプーの液が直接頭皮まで行きわたるように、容器がダイレクトタッチ式に工夫されています。



今回紹介した他にも多くの育毛シャンプーが販売されています。

自分に合った育毛シャンプーを選んで、頭皮と髪の健康を保つように心がけましょう。



■関連サイト
奇跡の発毛マニュアル2008

 

正しいシャンプー方法


育毛シャンプー/育毛剤 | 育毛.net


抜け毛や薄毛で悩んでいる方は、我流で髪を洗うと、逆に髪を傷つけてしまい、炎症を起こし毛根を傷つけてしまう危険性があります。

そこで今回は、正しいシャンプーの方法について説明したいと思います。

まずシャンプーですが、洗浄力が強いものだと皮脂を必要以上におとしてしまうため、頭皮がそれを保護しようと皮脂を分泌してしまいます。
ですので、頭皮に優しい、洗浄力の弱い弱酸性のアミノ酸シャンプーや育毛シャンプーなどを利用するようにしましょう。

使い慣れたシャンプーの場合でも、今のあなたの頭皮に合っていない可能性もあります。
そのような場合には、シャンプーを変えてみる必要があります。


シャンプーは髪を洗うことよりも頭皮を洗うことに重点をおくようにしましょう。
毛髪の汚れを取るよりも、頭皮の皮脂を取るのは簡単ではないからです。

まずは、髪をしっかりと濡らしてください。
そうしないと充分に泡が立たず、頭皮や髪に負担がかかってしまい、傷つけてしまうことにつながります。

優しく毛根から頭頂部に向かってマッサージをするように洗うと、毛穴に詰まった皮脂を取り除き、頭皮の血行促進を促すことができます。

この際、必ず爪を立てないように、指の腹を使って洗いましょう。

また、すすぎは念入りに行ってください。
特に毛根や頭皮のすすぎは念入りにしておきましょう。

シャンプーが残っていると、頭皮に悪影響を与えてしまいます。

洗顔をするときに、しっかりと泡を立てて洗い、しっかりと泡を洗い流すというのと同じです。

そして、タオルでたたくように水分を取ります。
ゴシゴシとこすってしまっては髪を傷めてしまいます。

そして、低温のドライヤーで水分を乾かします。


自分に合った育毛シャンプーと、健康な頭皮と髪を維持するための正しい洗い方で、髪を大切にしてくださいね。



育毛シャンプー


育毛シャンプー/育毛剤 | 育毛.net


髪を保護するため、一般のシャンプーを利用されているる方は多いでしょう。

しかし、一般のシャンプーというのは、髪の保護や補修を目的として製造・販売されています。


一般のシャンプーには、石油系・石けん系・高級アルコール系・アミノ酸系などの種類があります。

石油系・石けん系・高級アルコール系のシャンプーというのは、頭皮の脂性の多い・もしくは普通の人向きのシャンプーです。

アミノ酸系のシャンプーは、頭皮への刺激が少ないので、皮脂を取りすぎません。

また、リンスインシャンプーは、皮脂を多くします。

髪をストレートにするというシャンプーにも、髪自体に作用する成分を多く含んでいるため、頭皮にはあまり良い影響を与えません。

「うるおい」を特徴としているシャンプーも皮脂を多くします。

また、「天然」を特徴としているものでも、天然がすべて体に良いとは限りませんので、「天然」という、その言葉だけで良質なものと安易に考えてはいけません。


一般に販売されているシャンプーというのは、あくまでも身体を清潔、美化するためのものです。

医薬部外品シャンプーは、脱毛を抑止し、育毛を促進するもので、薬用シャンプーとして多く販売されています。

育毛剤を浸透しやすくし、より効果を高める働きがあるもの、またはシャンプー単体で育毛や薄毛予防の効果のあるものがあります。


育毛シャンプーとは、頭皮を清潔に保ち、育毛成分が入ったシャンプーのことを言います。

自分にあった育毛シャンプーを選ぶためには、まずこのようなシャンプーの違いを知っておく必要があります。

皮脂が過剰なのは困りますが、落としすぎてしまっても良くありません。

自分の頭皮にあった育毛シャンプーを選ぶことが大切です。




スポンサード リンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。