トリコチロマニア(脱毛癖)について

トリコチロマニア(脱毛癖)についてのページを説明

スポンサード リンク
最新の記事

トリコチロマニア(脱毛癖)について


育毛シャンプー/育毛剤 | 育毛.net


「トリコチロマニア(脱毛癖)」は、3〜10歳くらいの子どもや、女性に多くみられる脱毛症です。

自覚があるかどうかに関わらず、自分で自分の毛を引き抜いたり、髪の毛を根元で折ったりしてしまいます。

頭髪に限らず、眉毛やまつ毛が抜けている場合もあります。


トリコチロマニアの原因は、欲求不満や精神不安定、心理的・精神的なストレスです。

衝動制御障害や依存症に分類される障害です。

多くの場合は、幼児や小学生にその症状が現れます。

爪を噛む、指を吸う、チックの症状も同時に現れていることもあります。

本人が髪を抜いている自覚のある場合と、まったく気づいていない場合とがあります。


症状は、境界がはっきりした髪の短い部分が、前頭部や側頭部などに現れます。

これは、手の届く範囲、利き手側に現れる場合が多いようです。


また、脱毛部が円形脱毛症のような楕円形になっている場合がありますので、円形脱毛症と間違えることがあるので、注意が必要です。


周囲の人が、自分で毛を抜いていることを指摘すると脱毛が止まる場合があります。

しかし、症状が重い場合には、心療内科、神経科、精神科の受診が必要になります。

治療方法としては、心理カウンセリングや投薬があります。


トリコチロマニアは、頭皮の異常ではないため、育毛シャンプーなどを使っても治るものではありません。

しかし、長期間に渡って髪を抜いていると毛が生えにくくなってしまい、薄毛しか生えてこないこともあるため、早期治療が必要です。

円形脱毛症やトリコチロマニアのように、育毛シャンプーなどでも対処できない脱毛があることを覚えておきましょう。



■関連サイト
奇跡の発毛マニュアル2008

 
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

スポンサード リンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。