髪のサイクルについて

髪のサイクルについてのページを説明

スポンサード リンク
最新の記事

髪のサイクルについて


育毛シャンプー/育毛剤 | 育毛.net


「髪のサイクル」についてはご存知でしょうか?

髪は、成長期〜退行期〜休止期を繰り返して、一定の成長をした後に抜け、抜けた毛穴から2〜3ヵ月後に、新しい髪に生え変わります


<1−成長期>

毛母細胞が分裂を繰り返す時期です。

休止期になくなった毛母細胞が細胞分裂を繰り返して髪となり、表皮へと伸びていきます。
そして、頭皮から出ている毛幹部が太く、そして長くなっていきます。

期間は男性の場合3〜6年、女性の場合は4〜8年です。


<2−退行期>

色素細胞がメラニンの合成を止め、内部の細胞がやせて細くなっていきます。

分裂を繰り返していた母毛細胞の増殖スピードが急速に落ちていきます。

そして、毛球部分が表皮に向かって動き出し、小さくなっていきます。

この期間は2〜3週間くらいです。


<3−休止期>

髪が完全に成長を止めてしまう時期です。

その下では、既に新しい髪が表皮に出る準備をしており、古い髪はいつ抜けてもおかしくない状態です。

ブラッシングやシャンプーをしただけで簡単に抜けてしまう髪は、この時期のものです。

この時期の毛乳頭は毛根部分から離れて、新しい髪の成長の準備をしています。

この休止期が長いと新しい髪がはえてこないことがあります。



髪にはこのようなサイクルがあり、1日約50〜100本ほど抜けます。

問題は、休止期の髪が抜けているかどうかということで、寿命を終えた髪は、毛根がふっくらとしていてマッチ棒のようなのに対し、毛根に丸みがなく、細くパサついている場合には、円形脱毛症などの異常脱毛の可能性があります。

抜け毛全体が細くなっている場合には、男性型脱毛症と言えます。

このような毛は通常よりも早いサイクルで寿命を終え、次の毛の準備ができていない場合が多いのです。


このように、髪が栄養をしっかりと吸収して、成長をするためには、健康な頭皮がとても大切です。

自分に合った育毛シャンプーを選ぶようにしてください。

そして、育毛シャンプーで頭皮をいたわって、髪を大切にしてくださいね。



■関連サイト
奇跡の発毛マニュアル2008
 
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

スポンサード リンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。