いろいろな「育毛剤・養毛剤・発毛剤」

いろいろな「育毛剤・養毛剤・発毛剤」のページを説明

スポンサード リンク
最新の記事

いろいろな「育毛剤・養毛剤・発毛剤」


育毛シャンプー/育毛剤 | 育毛.net


まず「育毛剤」は、血行を促進し、毛髪の成長を促すものです。

そして「養毛剤」は、脱毛を防止し、毛髪を保護するものです。

また「発毛剤・発毛促進剤」は、毛母細胞の働きを助け毛髪が抜けた後の新しい髪が生える手助けをするものです。


「発毛剤」で思い浮かぶ商品と言えば、「リアップ」です。

大正製薬のリアップは、壮年性脱毛症(主に前頭部と頭頂部が薄くなるのが特徴)に有効な発毛剤で、医薬品になります。

効能・効果としては、発毛、育毛及び脱毛(抜け毛)の進行予防です。


有効成分のミノキシジルは、FDA(米国食品医薬品局)の承認した成分で、約30ヵ国で大衆薬として販売されています。

ミノキシジルは、毛包に直接作用して、細胞の増殖やタンパク質の合成を促進し、発毛効果を発揮します。


新商品の「リアップ・プラス」には、このミノキシジルの他に、酢酸トコフェロール・l-メントール・パントテニールエチルエーテルの3つの成分がプラスされています。

これら3つの成分は頭皮環境を整え、ミノキシジルの効果を促進する働きがあります。


ホソカワミクロンの育毛剤「ナノインパクト」は、頭皮環境にかかせない成分をナノ粒子の中に入れ、地肌の奥まで成分を送り込んで頭皮の潤いを保ちます。


資生堂の発毛促進剤「アデノゲン」は、成分のアデノシンが毛乳頭細胞に作用し、発毛促進因子を作る医薬部外品です。


ライオンの「薬用毛髪力」は、成分のサイトプリンが毛乳頭細胞内のタンパク質の生成を促し、発毛促進因子を作ります。



このように、様々な育毛剤・養毛剤・発毛剤が各メーカーさんから発売されています。

さらに各メーカーからは、育毛シャンプーも発売されているので、「育毛剤と育毛シャンプー」、両方をうまく利用しながら育毛・発毛の改善に努めてみると良いでしょう。

育毛シャンプーで頭皮を清潔にし、育毛剤・養毛剤・発毛剤で育毛や発毛を促進しましょう。



■関連サイト
奇跡の発毛マニュアル2008

 

 

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

スポンサード リンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。