AGA(男性型脱毛症)

AGA(男性型脱毛症)のページを説明

スポンサード リンク
最新の記事

AGA(男性型脱毛症)

育毛シャンプー/育毛剤 | 育毛.net


最近、テレビのCMや新聞などでもよく見かけるAGA(エー・ジー・エー)とは、「Androgenetic Alopecia=男性型脱毛症」という意味です。

成人男性によく見られる、頭頂部や額の生え際の髪が一方、もしくは両方とも薄くなってしまう状態のことで、その原因は男性ホルモンだと言われています。

抜け毛が進行してしまい、薄毛が目立つようになります。

ただ、AGAでは薄毛が進行しても、うぶ毛は残っており、それは髪の毛が作られる毛包が残っているということになります。

その場合には、髪の毛は太く育つ可能性があります。


AGAの治療薬として、頭皮につける薬では、「塩化カルプロニウム・ミノキシジル」、飲む薬としては、「フィナステリド(商品名プロペシア)」が、その効能・効果を認められています。

フィナステリド錠は、日本では2005年に輸入承認され、発売が開始されました。

ただ、フィナステリド錠は、女性には効能が認められておりませんので、男性のみの服用となります。

また、効果が出始めるまで6ヶ月の服用が目安となります。
医師と相談しての服用が必要です。

保険のきかない薬のため、治療費用全体に健康保険が適用されません。


また、海外から個人輸入する方もいらっしゃいますが、品質や流通経路などの問題があるので、薬は勝手に服用せず、安全のため医師の診察・処方をきちんと受けたほうが良いと思います。


このように、現在では薄毛の治療薬もあります。

しかし、薬だけでなく、自分に合った育毛シャンプーを正しく使い、規則正しい生活や食事を取ることも大切です。

育毛シャンプーを利用することにプラスして、このような治療を受けるのも選択肢の1つでしょう。


■関連サイト
奇跡の発毛マニュアル2008

 
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

スポンサード リンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。